ホーム > クラウドサービスと製品 > NET119 緊急通報システム

弊社「NET119 緊急通報システム」は、前身サービス提供開始から約8年。

弊社サービスが持つ、先進性・操作性・機能性・信頼性・安全性等が評価され、全国の消防団体様にデファクトスタンダードとして認知されるまでになりました。

導入ユーザ数増加による相互通報可能エリア拡大に伴い、現在、着実に支持を広げています。

今後も、国内仕様標準化WP等において積極的な提言を行い、全国同一品質の、音声以外の緊急通報サービスの確立を目指し、研究開発及び普及に努めてまいります。

弊社は、一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)における緊急通報アクセシビリティSWGのリーダー企業として選任され、同SWGにおいて、約1年間にわたり、他委員企業と共に共通電文仕様書の策定を実施して参りました。

そして平成29年1月、総務省消防庁が実施した実証実験「事業者間連携検証」にTTCを代表して実験に参加。同SWGで策定した共通電文を実装した弊社NET119と、総務省消防庁が開発委託した仮想NET119事業者間において相互接続性を確認することに成功。 この実証実験における相互接続性の検証とTTC標準仕様の制定により、弊社がこれまで取り組んで参りました、NET119における国内標準化活動は一定の成果を得ることが出来ました。

さらに総務省消防庁では、共通電文を実装していない従来のNET119と、TTC標準仕様「TS-1022 NET119共通電文仕様書1.0版」を実装したNET119を「NET119 2.0」と新たに定義づけることとし、「NET119 2.0」による国内標準化促進と、今後の全国消防本部への普及展開が提案されました。

これに伴い、弊社は今後も「NET119 2.0」国内標準化における中心的存在としてサービス開発を先進的に取組み、ユニバーサルサービスを目指した社会基盤としてのNET119の普及促進と更なる技術的発展を支え続けます。

これまでの歩み (別ウィンドウが開きます)

hr

NET119緊急通報システムは、聴覚や発話に障がいのある方のための新しい緊急通報システムです。スマートフォン・携帯電話のインターネット接続機能を利用して、簡単な操作素早く119番通報することができます。

これまでの緊急通報システムはFAXを使い手書き発信によるFAX119が利用されてきました。また、携帯電話によるメールが普及した後はメールを作成して発信するメール119が利用されています。これに対してNET119緊急通報システムは最も新しいサービスです。FAX119・メール119とNET119緊急通報システムでは以下の違いがあります。

NET119緊急通報システムは携帯電話・スマートフォンのGPS機能を利用して外出先でも位置を測定し通報することができます。このため、FAX119やメール119に比べて通報できる場所がより広範になります。

hr

NET119 緊急通報システムは発話による緊急通報(119番通報)が困難な方のためのサービスです。聴覚の障がいだけではなく、音声の発声による通報が難しい方々を対象としています。

hr

 
NET119 緊急通報システムの文字によるチャット交信・安定性・安全性

 

NET119 緊急通報システムのお問い合わせは下記までご連絡ください。折り返し営業担当よりご連絡いたします。

問い合わせフォーム

株式会社ドーン
クラウドサービスと製品
スマートフォンアプリ開発
NET119 緊急通報
GeoBase.NET
まちかど地図 Pro
まちかど案内まちづくり地図
すぐメール
かんたんログ解析
感染症危機管理システム
GeoBaseユーザーサポート
採用情報
会社情報
会社概要
沿革
主要取引先と加盟団体
アクセス
IR・電子公告
IR情報
電子公告
お問い合わせ・資料請求
お問い合わせフォーム
このサイトについて
個人情報保護方針
情報セキュリティ基本方針
Creating futures through technology.
Copyright© Dawn corp. All Rights Reserved.