DMaCS
DISASTER MANAGEMENT AND COMMUNICATION SYSTEM

DMaCS 災害情報システム

  1. TOP
  2. 製品・サービス
  3. DMaCS 災害情報システム

DMaCS 災害情報システム

DMaCS 災害情報システム

DMaCSは、災害時に被害情報等を収集・一元管理し、初動期における災害対策本部の意思決定を支援するシステムです。災害現場や避難所、事務局や災害対策本部にいる職員を本システムが結び、スムーズな災害対応をクラウド型サービスにより支援します。

災害対応における情報の収集・集計・共有を簡単・確実・迅速にサポート

パソコンやスマートフォンから、位置情報付きの被害報告をスピーディーに入力・表示

災害対策本部の意思決定支援

発災時に職員の安否・参集状況を収集、また被害現場や避難所の状況と開閉状況を迅速に収集し、災害対策本部の意思決定を支援します。

現場職員に、災害対策本部等からリアルタイムチャット形式で対応指示が可能

リアルタイムチャットを用いた災害対応

災害対策本部では、災害現場からの被害報告を迅速に確認し、対応指示を連絡します。関係部署では、行動計画のほか現場画像を含めた被害情報を共有します。また、災害現場の連絡職員とリアルタイムチャットを用いた災害対応も支援します。

避難所情報の入力・共有及び避難所からの救援物資要求・管理が簡単

災害時、避難所からの救援物資要求・管理が簡単

災害時の物資供給拠点、各避難所の救援物資を効率的に管理します。各避難所からの物資要求のほか、全体における必要状況や物資数量等を把握し、配分状況も管理・通知することができます。

消防庁4号様式に準拠した報告書のほか、各種情報の一覧・帳票出力機能が充実

報告書や集計結果等出力機能が充実

入力情報を帳票として出力・管理することが可能です。集計結果はそのまま消防庁4号様式(その2)に転記可能な状態で出力できるので、報告書作成時間を大幅に短縮します。

ホワイトボードに代わる、時系列で情報共有可能な機能を搭載

時系列で情報共有可能な機能

パソコンやスマートフォンを利用して、災害対応、避難情報、応援要請など、共有したい事柄をタイムライン上に投稿することができます。

レイヤー描画による災害情報共有機能

レイヤー描画による災害情報共有機能

災害発生時に確認したい危険エリア・スポットなどの地点情報を予めレイヤーとして登録し、災害時の地図上に重ねて表示することができます。また、災害現場・災害対策本部や各拠点で地図情報を共有し、住民等へ情報配信を行うことができます。

お問い合わせ

サービス・製品に関するお問い合わせや
資料請求はこちらまでお気軽にご連絡ください。

神戸本社 〒651-0086 神戸市中央区磯上通2-2-21 三宮グランドビル5F
営業部 公共ソリューショングループ
Tel 078-222-9700
Fax 078-222-9702
東京テクノロジーセンター 〒105-0012 東京都港区芝大門2-1-16 芝大門MFビル2F
営業部 公共ソリューショングループ
Tel 03-5777-1033
Fax 03-5777-1031