INFECTIOUS DISEASE CRISIS MANAGEMENT SYSTEM

感染症危機管理システム

  1. TOP
  2. 製品・サービス
  3. 感染症危機管理システム

感染症危機管理システム

感染症危機管理システム

感染症サーベイランス情報を管理するシステムをクラウド型で構築可能!
医療機関・福祉関係機関・教育機関との間で迅速な危機管理情報共有を実現します。

感染症危機管理システムなら、迅速で詳しい地域の感染症情報が閲覧できる

感染症に係る緊急情報や
危機管理に関する情報のポータル化を実現

ポータルサイトを用いた情報収集の図

近年、新型インフルエンザ(A/H1N1)が国内で流行した際、感染症対策に必要な情報の混乱や情報伝達の実務が煩雑すぎて現場の医療機関への伝達等が対応できない事象が発生しました。このため、医療機関への情報伝達に混乱が発生し感染の規模が拡大する事態も見られました。

感染症危機管理システムは、医療機関をはじめとする感染症対策を行う各機関と迅速に情報を共有することが可能になります。平常時から迅速で分かりやすい情報共有ができる仕組みを構築することで、感染症による地域住民の健康被害を抑える施策をサポートします。

効率的に感染症サーベイランス情報を収集し
医療機関と情報共有を実現

従来の感染症サーベイランス情報を収集方法と、感染症危機管理システムを使った情報収集方法

事務処理に忙殺されることなく感染症サーベイランス情報を収集し共有する仕組みを提供します。医療機関等からの感染症サーベイランス報告をWeb化し、リアルタイムで地域の感染症発生情報を把握します。

感染症危機管理システムの導入メリット

1.クラウド方式で提供します。初期構築費用と運用費を抑え廉価に構築することができます。

初期構築費用と運用費をおさえたクラウド方式

初期構築費用と運用費をおさえたクラウド方式

クラウド方式で構築コスト削減!

サーバー機器や通信機器、OSやRDBなど、さらにアプリケーションの調達とその運用コストをクラウド方式で削減します

2.医療機関・学校・児童施設・老人保健施設から寄せられた情報を共有することができます。

医療機関・学校・児童施設・老人保健施設から寄せられた情報をポータルサイトに共有し、各保健所や医師会から確認する図。

医療機関・学校・児童施設・老人保健施設から寄せられた情報をポータルサイトに共有し、各保健所や医師会から確認する図。

関係機関からの情報も共有!

3.感染症の患者の定義や診察方法・申請書や通知などがポータルサイトのアーカイブに整理され、いつでも参照可能になります。

保健所・医師会などで登録された文書ファイルを一元管理した図。

文書ファイルを一元管理!

4.関係機関をネットワーク(インターネット・e-mail)で結び、感染症対策情報を瞬時に伝達し、共有することが可能になります。

発信者から保健所・医師会などに提供された情報を直ちに関係基幹に通知する図。

Web・e-mailで瞬時に伝達!

感染症危機管理システムの利用対象

感染症危機管理システムの利用対象機関

保健所 都道府県・市町村 病院・診療所 歯科医院 薬局
学校 幼稚園 保育園・保育所 老人福祉保険施設 母子保健施設

お問い合わせ

サービス・製品に関するお問い合わせや
資料請求はこちらまでお気軽にご連絡ください。

神戸本社 〒651-0086 神戸市中央区磯上通2-2-21 三宮グランドビル5F
営業部 公共ソリューショングループ
Tel 078-222-9700
Fax 078-222-9702
東京テクノロジーセンター 〒105-0012 東京都港区芝大門2-1-16 芝大門MFビル2F
営業部 公共ソリューショングループ
Tel 03-5777-1033
Fax 03-5777-1031