Taito City Disaster Preparedness App

台東区防災アプリ

  1. TOP
  2. アプリ開発
  3. 台東区防災アプリ

台東区防災アプリ

台東区防災アプリは2015年から配信を開始している防災アプリです。区内の任意の地点の災害リスクや避難所の開設状況などを簡単に確認することができます。また、災害対策本部が利用する災害情報システムの災害情報とリンクしており、区民への効率的な情報提供を実現しています。

区民と来街者 それぞれに合わせた機能を提供

台東区防災アプリでは、ユーザは自分が台東区民であるかどうかの設定します。区民である場合は自分の住んでいる地域の避難所や町会がトップページでいつでも確認できるようになります。
災害発生時には、トップページに区民向けと来街者向けとで別々のメッセージを送ることができます。自分の避難所の開閉状況や現在地から一番近い避難場所を表示させることもできるので、ユーザーは素早く情報を得ることができます。

災害の危険度を視覚的にわかりやすく提供

災害が発生し、避難が必要な場合はアプリを災害情報マップを公開することができます。開設中の避難所のみをリアルタイムで表示させ、避難対象区域を地図上に色付きで示します。

ユーザーは自分が避難するべきかどうか、最寄りの避難所はどこかを速やかに判断することができます。

電波が使えなくても台東区の地図が閲覧可能

災害の影響などでインターネットが使えなくなると、通常はスマホで地図を表示させることはできません。

台東区防災アプリでは、そんなオフライン環境下でも地図を見るための仕組みがあります。初回起動時、端末に自動で台東区の地図がダウンロードされます。そのため、ユーザーはアプリを入れておくだけで、急に電波が使えなくなった場合でも地図を確認しながら避難することができます。

地図を活用して水害リスクを簡単に確認

「水害マップ」では、台東区内で想定される各水害における浸水想定区域を地図上に表示します。

さらにユーザーは所定の位置をタップするとその場所の浸水深をアニメーション付きで見ることができます。

災害情報システムとも連携

台東区防災アプリでは、災害対策本部が運用している災害情報システムと連携しています。災害情報システムで記入した避難所の開設状況などがリアルタイムで台東区防災アプリにも反映されます。
災害対策本部とアプリ利用者とで情報に差異が発生するリスクや、同じ情報を何度も記入する手間を削減することができ、一刻を争う緊急時を考慮した仕様となっています。

お問い合わせ

サービス・製品に関するお問い合わせや
資料請求はこちらまでお気軽にご連絡ください。

神戸本社 〒651-0086 神戸市中央区磯上通2-2-21 三宮グランドビル5F
公共営業部
Tel 078-222-9700
Fax 078-222-9702
東京テクノロジーセンター 〒105-0012 東京都港区芝大門2-1-16 +SHIFT SHIBADAIMON 2F
公共営業部
Tel 03-5777-1033
Fax 03-5777-1031